ED治療薬シアリスの効果にメロメロ

シアリスの特徴を知ろう

シアリスは日本イーライリリー株式会社が開発製造しているED治療薬で、日本国内では2007年7月31日に5mg、10mg、20mgが厚生労働省によって承認されました。
有効成分のタダラフィルが何mg含まれているかによる分類になります
販売は2007年9月から開始され、当初は製造・販売ともに日本イーラーリリー社が行っておりました。
しかし、2009年7月1日以降からは、製造が日本イーライリリー株式会社、発売元が日本新薬株式会社となっています。
海外に目を向けると、海外で最初に販売されたのは2002年10月のことで、世界100ヵ国以上で1000万を超えるEDに悩む男性に使用されています。
ED治療薬としては世界で3番目の登場となりましたが、2013年8月には世界シェアが42%を達成し、もっとも選ばれている薬となっています。
有効成分のタダラフィルは白色の粉末であり、水に溶けにくい性質があります。
これは何を意味するかというと、服用しても直ぐには効かず、効き目がマイルドで即効性は乏しいものの、副作用が出にくく、自然な形での勃起を導いてくれます。
また、作用時間が非常に長く、服用後、10mgで20~24時間、20mgで30~36時間までの持続性があります。
そのため、焦りやプレッシャーなく性行為に臨める薬として世界中の男性に支持されており、ウィークエンドピルとして親しまれています。
つまり、金曜の夜に服用すれば日曜まで持続するとされ、恋人との週末を楽しむ大いなる助けとなるのです。
また、シアリスは食事の影響も受けにくく、空腹時のタイミングでいったん体内に吸収させてしまえば、その後に軽い食事をしても効き目に大きな影響を与えません。
ただし、服用後の最高血中濃度到達時間は個人差が生じやすく、早い人で30分
遅い方では4時間かかるといわれています。
そのため、性行為の3時間から4時間ほど前には飲んでおくといいでしょう。
従来の薬に比べて服用のタイミングや性行為に及ぶタイミングの調整やプレッシャーから解放されることから、よりリラックスして臨むことができ、勃起しやすい環境を作ってくれます。
作用は勃起を抑え込んでしまう酵素であるPDE5を阻害し、血流を促してペニスに血液を集中しやすくし、勃起を促す働きがあります。
ただし、性欲を高めたり、性的刺激を感じやすくする働きはなく、あくまでも性的刺激を受けた脳が勃起を指令しないと作用しません。
指令を受けたあとの勃起のメカニズムをサポートしてくれる薬なのです。